名古屋の人材育成コンサルタント日記

「人材」を「人財」に育てましょう! 人事考課や給与体系・個人情報管理に力を注いでいます     by FJ中出
  Top
<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 02月 24日 |
エコアクション21は4つのパートから構成されています

1.環境への負荷の自己チェックの手引き
   事業活動に伴う環境への負荷の容易な把握方法の提示
2.環境への取組の自己チェックの手引き
   環境の為の事業者に期待される具体的な取組のチェックリスト
3.環境経営システムガイドライン
   ISO14001をベースにガイドラインとして規定
4.環境活動レポートガイドライン
   環境コミュニケーションの第1歩としてのレポート作成と公表

認証・登録事業者としての認証・登録を行うには上記の4つ全てを取り組み、
ガイドラインの要求事項を満たさないといけません


取組フローを簡単に紹介すると
  1 エコアクション21の取組決定
  2 実施体制の検討・決定
  3 環境への負荷の把握・項目事項の検討
  4 環境への負荷の自己チェックの実施
  5 環境への取組の自己チェックの実施
  6 環境方針の決定(Plan)
  7 環境目標及び環境活動計画のの策定(Plan)
  8 計画の実施(Do)
  9 取組状況のの確認・評価(Check)
 10 全体の評価と見直し(Action)
 11 環境活動レポートの作成と公表
およそこんな感じです

1~5までは、事前的な段階で、
6からが取り組み本番と言った感じですね

認証・登録までの時間ですが、
システムの構築等で、約半年程度、その内3ヶ月はシステムを運用し、各自己チェック等を行います
認証申請はその後に行う事となりますので、多少の時間は掛かると思ってください
それでも、ISO14001に比べると大幅な時間短縮ですし、費用もグンと抑えることが出来ます

また、エコアクション21取得事業者に対する融資制度もあります
日本政策金融公庫
日本振興銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
[PR]
2009年 02月 16日 |
2008-2009年版ハンドブックからの転載


『エコアクション21認証・登録制度の目的は「事業者の環境への取組を
推進し、もって持続可能な社会経済の実現に質する」こと』


基本的要件
1.ガイドラインの要求事項に基づき、Plan計画、Do計画の実行
  Check取組状況の確認・評価、Action全体の見直しのPDCAサイクルの
  環境経営システムを適切に構築していること
2.ガイドラインの要求事項に基づき、、構築された環境経営システムを適切に
  運用・維持していること
3.ガイドラインの要求事項に基づき、必要な環境への取組(二酸化炭素・
  廃棄物・水使用量の削減など)を適切に実施していること
4.ガイドラインの要求事項に基づき、環境活動レポートを定期的に作成し、
  公表していること
5.事業活動の内容(業種・業態・規模)と、認証・登録の対象組織及び範囲、
  環境への負荷の自己チェック及び環境への取組の自己チェックの内容、
  環境方針・環境目標・環境活動経過君尾内容、環境活動レポートの内容が
  整合しており、「全組織・全活動」を対象として、エコアクション21に
  取組んでいること、あるいは取組むことを明確にしていること、または段階的に
  対象範囲を拡大することを明確にしていること


先ずは要件を列挙しましたが、これが全てと言っても良いと思います
手順としては次回以降に案内していきますが、
この要件を「どのタイミングで、どのように実践・記録確認をしていくか」をまとめています
また今後は、ガイドライン2004年版を紹介していきます
[PR]
2009年 02月 12日 |
愛知県環境カウンセラー協会に登録をしました
これまでの人事制度・個人情報管理制度に加え、
環境マネジメントシステムを取り入れて活動する事になりました
これまでも多少なりとも行っていましたが、
企業に勤める人達の働きやすい環境を造る上で、
取引先との共存、地域社会との共存そういった事も一緒に検討し、
未来永劫存続する企業として、発展を考える
認証を受け登録することで、会社も社員も意識が向上する
目に見える仕組みとして、取組む事を考えました

で、その「エコアクション21」ですが
環境経営システムとして環境省が策定したガイドラインに基づく認証・登録制度です
認証・登録するメリットとして、中央事務局発行のガイドブックには
 1 「環境経営の証(あかし)
 2 コストの削減
 3 経営の効率化
 4 取引先の拡大
 5 低金利融資
 6 優良児業者の要件(産業廃棄物処理業)
 7 入札参加の資格のポイント
 8 グリーン入札
 9 条例による事前協議の免除
10 自治体による認証取得の支援
11 格段に安い認証・登録費用
12 審査員がアドバイス
等が挙げられています

特徴としては
1 中小企業でも取組みやすい環境マネジメントシステム
   PDCAサイクルを基本として、必須事項を判りやすく盛り込んでいます
2 環境負荷の削減
   二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、水使用量の3つの項目を把握し、
   それらを削減する為、省エネルギー・リサイクルに取組みます
3 環境活動レポートの作成・公表
   環境方針や取り組み実績などを環境活動レポートとしてまとめ、公表します

メリットの中にもありますが、認証・登録の費用がかなり安いです
ISO14001に比べると1桁違います
事業規模や業種より異なりますが、総額15~45万円ほどです
コンサル料金を含めても安価で済み、認証そのもののスピードも早く、
中小企業においても「認証」を受ける事のメリットは大きいと思います

愛知県のホームページでも紹介されています


ご連絡いただければ、詳細をご説明いたします。
[PR]
2009年 02月 12日 |
雇用調整助成金は・・・
世界的な金融危機や景気の変動などの経済上の理由による企業収益の悪化から
生産量が減少し、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、
その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、
休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成します。



中小企業緊急雇用安定助成金は・・・
世界的な金融危機や景気の変動などの経済上の理由による企業収益の悪化から
生産量が減少し、事業活動の縮小を余儀なくされた中小企業事業主が、
その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、
休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成します。

対象となる中小企業事業主とは
小売業(飲食業含む)   資本金5,000万円以下又は従業員50人以下
卸売業            資本金1億円円以下又は従業員100人以下
サービス業         資本金5,000万円以下又は従業員100人以下
その他の業種       資本金3億万円以下又は従業員300人以下

厚生労働省発行のパンフレット
名古屋あたりでは「あいち雇用助成室」で取り仕切っています
[PR]
2009年 02月 04日 |
どの業界もキツイ時代です
今頑張って働いてくれている社員さんのスキルを伸ばしませんか

そのメリットは
1.会社の業績も伸びる 
2.会社の弱い部分の克服につながる
3.社員の方の知識や技能の習得ができる
4.取引先・顧客へ質の高いサービスの提供が出来る
5.人としての成長につながる

中小企業では、教育に中々時間や費用が掛けられない事情もあるかもしれません
しかし、こういった事は実はセールストークにもなり、絶好の会社のPRにもなります
「うちの会社は、○○分野での技能習得、知識習得に力を注いでいる」
「うちの会社は、この点について自信がある」
「うちの会社は、○○な厚保道を行い、お客様に質の高いサービスを提供できる」
「社員の意識も高く、それだけに安心や安全をお届けできる」

公の機関でも人事育成についてツールもあり、援助もしてくれます
雇用能力開発機構において、助成金の制度もあり、
効果的な援助を受けることも出来ます
税金もきちんと支払い、雇用についてもちゃんとしている企業なら
クリアしなければいけない事はありますが、非常に有効的な制度です


自社の社員の意識も実力も高いレベルを保つことが出来るように
今のこの経済状態を打開出来るように
社内で、地域で、より一層の努力をしましょう
僕も頑張ります!
[PR]
2009年 02月 03日 |
現在、不況真っ只中で、どの企業もツライ時期だと思います
雇用も控える傾向にありますし、何かにつれ経費削減を考えています

ただ、こういう時期だからこそ、企業体質を強くする時です
今の社員の方の意識を向上させ、顧客にきちんとアピール出来るよう
社内体制を見直し、明日に備える必要があると思います

その一つに、「情報管理」を取り上げてみます
情報には様々な種類があります
企業内情報、ブランド情報、製造情報、配合情報、個人情報
どの情報も現在の社会では、とても重要です

顧客はもちろん社員の情報だって立派な個人情報です
会社がきちんと管理できれば、社員は安心できます
またその事実を持って、顧客にも「うちの会社きちんとしている」とアピールも出来ますし、
ある意味公言することにより、自らプレッシャーをかけ、
きちんとしなければならないという意識向上も図ることになります
しっかりと社内人材を教育し、会社の幹を太くしていく良い状況です

現在は、落ち着いたとはいえ、Pマークを取得する会社ももうすぐ1万企業です
会社の規模により、認証するしないはあると思いますが、
情報をきちんと管理する体制は構築したいものです
自社の為にも、顧客や社員の為にももう一度考えてみても良いかも知れません
[PR]
2009年 02月 03日 |
僕の長男がインフルエンザに罹ってしまいました

いきなり発熱し、一気に39度近くまで熱があがったので、
あわててかかりつけの病院へ行き診察を受けたところ、
しっかりインフルエンザでした

タミフルを朝晩飲ませるように指示を受け、
あわせてタミフルについてのあれこれをきちんと聞き、帰宅しました
結果2日で熱も下がり、元気になりましたが、
まだ薬は飲ませています
インフルエンザ菌は5日程の寿命があり、また治りかけに
感染しやすいと言うことなので、長男は保育園も休み
家内と1日過ごしています

幸いな事に、長男以外に家族に感染することがなかったです
先日「食品衛生責任者」の資格云々と書きましたが、
その日以来、手洗い・うがいを続けているのも良かったのかもしれません
次男は1日熱がでるかどうか確認する為に、保育園を休みましたが、
結局何事もなかったので、今日も元気に園に行きました

今年もしっかりとインフルエンザは流行っており、
仕事にも影響が出かねない為、注意が必要です
皆様、くれぐれもご注意を!
[PR]
by junands | 2009-02-03 10:45 | 健康 |